ダクトとは何?~構成部材や素材の特徴をわかりやすく解説~

 

皆さんこんにちは。埼玉県八潮市を拠点に、茨城、栃木、群馬、千葉、東京などでダクト工事を手掛けている株式会社慶和空調です。今回の記事では、「ダクト」とは何?という疑問に答えていきます。用途や目的に合わせてさまざまな種類があるダクトですが、名前しか聞いたことがない、という人も多いのではないでしょうか。




■ダクトにはいろんな形状があります


ダクトとは、給気や排気などを目的としてビル内や屋外に設置された空気の通り道のことです。厨房の換気扇と屋外の排気口を接続する、エアコンと室外機を空気的に接続するなどの用途で用いられます。


そのダクトの種類はさまざまであり、設置場所に合わせて効率的にレイアウトするために、適材適所でダクトの部材が選択されます。


-基本となる部材は角ダクトと丸ダクトの2種類


ダクトは、大まかに「角ダクト」と「丸ダクト」の2種類に大別されます。角ダクトは四角柱状、丸ダクトは円柱状の形状をしており、施工場所のニーズに合わせて選択されます。


-ダクトとダクトをつなぐ役割がある「継手」(つぎて)


ダクトとダクトをつなぐパーツを継手といい、ちょうど電車の接続部分のような役割があります。


T型やY型などの枝分かれしたもの、角度のついたエルボなど、用途に合わせた豊富な継手があります。他にも、角ダクトと丸ダクトを接続するジョイントである角丸ダクト、継手部分が布製で、ユニバーサルジョイントのような役悪を持つたわみ接手など、特殊仕様の接手もあります。

参照:深川製作所|カタログ


-その他にも用途別に特化したダクト部材がたくさん


その他にも、用途別に特化した部材が数多くあります。以下でいくつか例を見てみましょう。


フレキシブルダクトは、蛇の胴体のようにうねうねとうねる特殊なダクトで、通常の丸ダクトや角ダクトでのレイアウトが難しい箇所に利用されます。



チャンバーは、ダクト内に設置された空気の滞留場所で、混合空気を均一に混ぜる必要がある場合などに用いられる部材です。


スリープは、壁や床などに埋め込みダクトを通すための通り道を作る部材です。設置個所に適した、様々な材質のものがあります。


パネルは、パネル状の部材を現場で組み立ててレイアウトを作成する特殊なダクトです。効率の良い配送を実現することができます。




■材料について


ダクトの構成素材も様々であり、設置環境やダクトの中を流す気体の種類や性質によって適切な素材が選択されます。



-鋼板材料


鋼板をベースとした材料がダクトの素材として利用されることが最もポピュラーです。使用される環境や中を流す期待に合わせて、ベストな素材が選択されます。


亜鉛メッキ鋼板は、一般的な空調ダクトや換気ダクトに用いられる鋼板で、鋼板に亜鉛メッキが施されています。


ステンレス鋼板は、クロムを含有する鋼板で、非常にさびにくいことが強みです。腐食に強く、ステンレス特有の美麗性も兼ね備えています。


ガルバリウム鋼板は、耐久性に優れた高付加価値の後半です。ハイエンドなダクト部材に用いられます。


塩ビコーティング鋼板は、水分や腐食性ガスを多く含む空気を流す際に用いられる、耐環境特性に非常に優れた鋼板です。



-その他の特殊材料


鋼板以外の材料で製造されたダクト部材には、グラスウールダクトなどがあります。グラスウールダクトは、耐熱性と吸音性を併せ持っており、騒音に敏感なホールやスタジオでのレイアウトで用いられることの多い部材です。


参照:旭ファイバーグラス|丸ダクト




■まとめ


ダクトを目にする機会はあまりないかもしれません。しかし、商業施設からビル、工場など、建物には欠かせないとても重要な役目を担っています。そのダクトは、これらの複雑でさまざまな形状のパーツが組合わさり、求められている役目を果たしています。


埼玉県八潮市の慶和空調では、現在経験・未経験問わず一緒に働いてくださる仲間を募集しております。資格取得の支援をしているのもポイントで、自身を高めることができます!


さまざまなパーツを組み合わせて建物に息を吹き込むダクト工事職人として、キャリアをスタートしたい方、資格や技術を身につけて長く活躍したいという方は、お気軽にご相談・ご応募ください。



<社員ファースト!慶和空調の求人情報>

https://keiwa-air.com/recruit


<漫画で見る慶和空調>

https://keiwa-air.com/manga


<おすすめ記事>

ご存知ですか!? こんなところにもダクトが使われています!

https://keiwa-air.com/blog/duct/106829