昨今の情勢を踏まえ、弊社・慶和空調が前向きに取り組んでいること   

 



皆さんこんにちは。

埼玉県八潮市を拠点に、茨城、栃木、群馬、千葉、東京などでダクト工事を手掛けている株式会社慶和空調です。


ダクト工事には、新規設置の需要だけではなく空調設備メンテナンスなどの管理や、リフォームといった二次的な需要も存在します。今回は、建設工事には欠かせないダクト業界を今後も堅調に維持するため、慶和空調がどのような取り組みを実施しているかについてご説明します。



■ダクト業界を守り続けるための従業員への配慮



ダクト工事は、人の手で直接作業を行う仕事です。また、対応している物件にも皆さんの生活と切り離せないものを製造する工場や店舗が沢山あります。それらのなかには、工事を止めることができない現場も数多くあるのです。


今回、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を受け、弊社でも社員の安全や体調管理と現場の維持を両立すべく、さまざまな取り組みを実施しています。

まず、こまめな消毒やマスクの着用をはじめ、従業員に対しては交代制の時差出勤を取り入れて通常の半数の出勤率としています。


もちろん欠勤により無給にすることは避け、お給料は通常通り全額支払っております。

家族がいる従業員も数多く勤務しているため、彼らの暮らしに配慮しながら可能な範囲で現場の進捗を継続できるよう努めています。


従業員なくしては、仕事も企業も業界も成り立ちません。引き続き、従業員ファーストの姿勢で社内外の健康と安全を守ることを最優先しながら、現場も止めない工夫を続けています。ダクト業界の一員として、いまや社会と人命を守るため不可欠となった建物の空調・換気を変わらず支えていけるよう、最大限の配慮を維持していきたいと考えております。



■ダクト工事の需要は今後どうなるのか


ダクト工事では、建造物に必要な空調設備や換気設備の設置や管理に関する作業を行っています。建物の建設時には必ずダクトを設置しますし、新築以外のメンテナンスや改修などにおいてもダクト周りの工事は必ず実施しています。


世の中に建物がある限りは継続的にダクト工事を行わなければなりませんので、一次・二次需要ともに安定しています。景気の動向で少々の変動はあるにせよ、需要が一気に減ることは考えにくいでしょう。求人に関しても、現場業務に携われる人材は慢性的に不足しており、売り手(求職者)市場の状況は今後も続いていくと思われます。




埼玉県八潮市の慶和空調では、現在経験・未経験問わず一緒に働いてくださる仲間を募集しております。

ダクト工事職人としてキャリアをスタートしたい方、技術を身につけて長く活躍したいという方は、お気軽にご相談・ご応募ください。


<お問い合わせはこちら>

TEL.048-969-4904

https://keiwa-air.com/contact